栄養・健康情報リーフレット

みんなでいっしょに健康になろう!事業
【平成29年度復興庁補助事業(『心の復興』事業)】

「おひとりお達者料理レシピ」

沿岸の方を含み県内で一人暮らし高齢者が2割近くに増え、低栄養やフレイル予防には体の構成素であるたんぱく質を摂っていただくことが重要です。そのために、高齢者の方々が安全で簡単で、しかも減塩な料理を作っていただくためのガイドブックとして作成しました。

リーフレットのダウンロードはこちらからおひとりお達者料理レシピ

 

 

 

今、少し頑張ると老後が楽しくなる!健康講座「超高齢社会をみすえた糖尿病予防事業」
【平成29年度公益財団法人いきいき岩手支援財団助成事業】

食事と運動で糖尿病

糖尿病は脳卒中や心筋梗塞の重篤な病気の危険因子となるだけでなく、網膜症や腎臓病等を合併した場合は、本人のADL(日常生活動作)やQOL(生活の質)の低下とともに高額医療負担を招くことになります。
当会では、糖尿病予防のための「食事と運動で糖尿病予防」リーフレットを作成しました。
リーフレットのダウンロードはこちらから 食事と運動で糖尿病予防

 

 

 

 

脳卒中は「生活習慣病」のひとつです。
高血圧にならないように「食塩の取り過ぎ」、「肥満」や「運動不足」に注意するなど若い頃から生活習慣を気をつけましょう。

野菜を食べよう1 野菜を食べよう2

 

 

 

目指せ!健康長寿プロジェクト!(平成27年度事業)
減塩生活は子供のころからが重要です。(三つ子の魂百までも…)
老若男女、家族そろって減塩に取り組むことが必要です。
岩手県栄養士会では、大人と子供向けにリーフレットを作成しました。
減塩が成功したら、適塩生活を続けましょう!!
《大人向けリーフレット》


ダウンロードはこちらから 大人向け

《子供向け》

ダウンロードはこちらから子育て世代向け

ダウンロードこちらから 始めよう 減塩生活ポスター