岩手県内医療と介護施設の食連携実施のための実態調査について

岩手県内医療と介護施設の食連携実施のための実態調査について

 地域包括ケアシステムの推進においては、「生活上の安全・安心・健康を確保するための生活支援サービスの一体化」とともに、「食生活及び栄養障害の改善、疾病の再発予防」が重要なカギとなっています。そのためには、要介護高齢者が病院から施設、在宅に移行後も一連で適切な栄養管理が継続できるよう、施設間及び管理栄養士をはじめとした多職種間で、食形態や栄養情報を共有する必要があります。
 今般、各地域で偏在的に運営している食形態分類を県全体で統一化し、病院から施設等へのスムーズな栄養情報の伝達を図り、要介護高齢者が安全で、摂食嚥下機能に対応した栄養管理の実施を目的として、本調査を実施することにいたしました。
 本件については、県内の行政及び医療・介護関係団体、専門職種による「岩手県食形態分類標準化推進委員会」を組織し、検討・調整を進めており、食形態の標準化指標の作成にあっては、県内全施設の回答を最大限反映させたものとするよう意図しております。
 つきましては、病院、施設に調査票をお送りしておりますので回答について、ご協力をお願い申し上げます。

 

調査依頼書
調査票1枚目
調査票2枚目

日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013
学会分類2013(食事)早見表
学会分類2013(とろみ)早見表
日本摂食嚥下リハビリテーション学会ホームページ:『嚥下調整食学会分類2013』を必ずご参照ください。
日本摂食嚥下リハビリテーション学会ホームページ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク